目黒の学童で勉強ができる

学童といえば普通に働く親が迎えに来るまで子どもたちを預かってくれるところになっています。そこで宿題をしておやつを食べて遊ぶという流れになっています。しかし、目黒の学童に勉強をするところがあります。塾のようにこの時間を利用して勉強を教えてくれるところがあります。これはすごくありがたいかもしれません。親が勉強を見てあげたいけれど仕事をしているとなかなか見てあげられない場合もあります。そこでここならこの時間を使って勉強を見てもらえるようになっています。これはすごくありがたいことです。宿題をしておやつを食べてからそれから英語のレッスンをしたり、算数をしたりして勉強をすることができます。これで子供たちはしっかり勉強をすることができるからとてもいい場所になっています。そんな塾のような学童もあるから利用してみるべきです。

目黒区内で提供されている学童保育クラブ

保護者の方がお仕事などで、小学校から下校した子供の世話ができない場合は、学童保育クラブを利用することが有効です。目黒区では公立で二十カ所の運営がある他、民間でも六カ所の学童保育クラブが運営されています。利用できるのは小学一年生から小学三年生までとなっており、保育日は月曜から土曜まで行われています。日曜や祝日、そして年始年末などはお休みです。また、保育時間ですが、平日では学校が終わった後から午後六時十五分までとなっていて、土曜日は午後六時までになっています。その他、夏休みなどの長期休校期間でも利用できるようになっています。その場合、平日は午前八時十五分から午後六時十五分まで。そして土曜日では午前八時三十分から午後六時までになっています。最新の詳しい情報などは、各クラブに確認を取ると良いでしょう。

下校後の子どもを目黒区で預けるなら学童保育クラブ

子どもが幼稚園を卒業して小学校に進学しましても、授業が終わって家に帰って来た後は、低学年ならまだまだ世話が必要な時期です。しかし仕事をお持ちの場合では、下校後の子どもの世話ができないことも多々あります。そこで、もしも子どもだけで留守番をさせておくことが心配だという場合では、学童保育クラブを活用することも良い方法です。目黒区では公営の学童保育クラブが20カ所あり、民営でも6カ所ほどが提供されています。基本的にお住まいの地域を管轄するクラブに通うことになりますが、隣接区域の小学校に通学している場合などでは、それに合わせて通うクラブを望めるようになっています。目黒区内の各クラブで受け付けているのは小学校の1年生から3年生までですから、その学年の子どもを預かって欲しい場合は、利用予定の学童保育クラブに問い合わせてみることがお勧めです。